月: 2018年7月

HAT-P-20b

HAT-P20bは周期P = 2.875317±0.000004d、トランジットエポックTc = 2455080.92661±0.00021(BJDUTC)、通過時間0.0770±0.0008dの中程度の明るいV = 11.339 K3矮星GSC 1910-00239の周回軌道上を周回します 。主星の質量は0.76±0.03M⊙、半径は0.69±0.02R⊙、有効温度は4595±80K、金属度は[Fe / H] = + 0.35±0.08です。惑星の仲間の質量は7.246±0.187MJで、半径は0.867±0.033RJであり、平均密度は13.78±1.50g cm-3であり、これは既知のすべての系外惑星の中で2番目に高い値です。

 

 

ジャーナル記事

1.) HAT-P-20b–HAT-P-23b: FOUR MASSIVE TRANSITING EXTRASOLAR PLANETS

WEB 記事

1.) Planet HAT-P-20 b

HATS-17b

HATS-17bは太陽のような星の周りの円軌道の暖かい木星質量の惑星です。 16.255日ごとに、主星を通過します。 HATS-17bの主星は、質量の約1.13倍と太陽の半径の約1.09倍です。さらに、主星の表面温度は5846±78Kと見積もられ、ホスト星の輝度はサンの輝度より約25%高いです。 HATS-17bの半径は木星の半径の0.777±0.056倍と推定されています。 その後の径方向速度測定は、HATS-17bが木星の質量の1.338±0.065倍であることを示しています。既知のサイズと質量で、HATS-17bの密度は約3.50g / cm3で、アルミニウムよりも約30%密度が高いことがわかります。 HATS-17bの密度は、その質量を有する物体にとって著しく高いです。比較のために、木星の平均密度は1.326g / cm3です。 HATS-17bの内モデルは、惑星の質量の約50%がより重い元素で構成されていることを示唆しています。これは、地球の質量の約200倍になります。 HATS-17bの巨大なコアは、親星の高い金属性と一致しています。星の金属性は基本的に、水素とヘリウムよりも重い元素の豊富さを指します。 HATS-17bの主星は、太陽の約2倍の金属性を持ち、より多くの金属が豊富な原始惑星系円盤が、より大量のコアをより効率的に形成することができます。

 

ジャーナル記事

1.) HATS-17b: A TRANSITING COMPACT WARM JUPITER IN A 16.3 DAYS CIRCULAR ORBIT

WEB記事

1.) HATS-17b is a Warm-Jupiter Denser than Aluminium

2.) Our research: HATS-17b: a transiting compact warm Jupiter in a 16.3 days circular orbit

HATS-41b

HATS-41bはこの論文で報告された最も興味深い系外惑星です。木星より33パーセントだけ大きいが、太陽系の最大の惑星よりも約10倍も大きいです。研究者によると、現在までに発見された最も巨大な「熱いジュピター」の1つであり、高度に金属的な主星を周回します。 HATS-41bは4.19日の軌道周期を有し、宿主から約0.06 AUに位置し、1,710Kの平衡温度を有します。

 

ジャーナル記事

1.) HATS-39b, HATS-40b, HATS-41b, and HATS-42b: three inflated hot Jupiters and a super-Jupiter transiting F stars

 

WEB記事

1.) Four new ‘hot Jupiter’ exoplanets discovered

HD 219134 b

キャッチーな名前を持っていないかもしれませんが、私たちの太陽系外で最も近く知られている岩石の惑星であるHD 219134 bも注目に値します。

 

惑星HD219134bは、太陽からわずか21光年の距離で、星座の近くの人間の目に見える星HD 219134を旋回します。その惑星は他の3つの惑星と主星の軌道上に並んでいます。水星、金星、地球、火星の太陽系のように、HD 219134 bは惑星の兄弟です。 HD 219134に特別なのは、それが私たちにとってどれほど近くにあるのか – 比較的わかることです。もっと遠くにいたら難しい、あるいは不可能なテクニックを使って、このような系外惑星についてたくさん学ぶことができます。 例えば、ラジアルベロシティ法と呼ばれる手法を用いて、系外惑星の重力の引っ張りによって引き起こされる星の小さな動きを測定することで、系外惑星の質量を推測することが可能です。これは、HD 219134 bが地球の4倍から5倍の質量を持ち、「超大地」と呼ばれる外惑星の一種になっていることを示しています。

 

ジャーナル記事

1.) Bayesian analysis of interiors of HD 219134b, Kepler-10b, Kepler-93b, CoRoT-7b, 55 Cnc e, and HD 97658b using stellar abundance proxies

2.) The HARPS-N Rocky Planet Search I. HD 219134 b: A transiting rocky planet in a multi-planet system at 6.5 pc from the Sun

3.) A SIX-PLANET SYSTEM ORBITING HD 219134

 

WEB記事

1.) It’s not Earth 2.0, but our new rocky neighbour is a planet worth watching

HD219134 c

HD 219134 cは、Kタイプの星を旋回するスーパーアース系外惑星です。その質量は4.36の地球であり、主星の1つの軌道を周るのに6.8日かかり、主星から0.0653 AUです。その発見は2015年に発表されました。

 

ジャーナル記事

1.) A 12-YEAR ACTIVITY CYCLE FOR THE NEARBY PLANET HOST STAR HD 219134

2.) A SIX-PLANET SYSTEM ORBITING HD 219134

3.) Secondary atmospheres on HD 219134 b and c

 

WEB記事

1.) HD 219134: A Nearby System with Multiple Transits

2.) HD 219134 c

Kepler 442 b

<Imaginary Picture of Kepler-442 b     Credit:  M Masada, SGH Moriyama High School>

Kepler-442bは太陽よりも小さくて涼しい赤色矮星を周回する惑星です。 Kepler-442bは、1周112日の公転軌道をまわり、地球の約3分の2の光を得ます。科学者たちは、ハビタブルゾーンに存在し、生命が存在する可能性は97%であるとしています。 Kepler-442bは1,100光年離れており、地球の約3分の1です。ロッキーになる確率は60%です。

Kepler−442 bは太陽系から1115.5光年(342.0パーセク)離れた恒星Kepler−442 を周回する系外惑星で、2015年に公開されました。

恒星Kepler−442 は視等級15.3、絶対等級7.6です。

この恒星は太陽の0.6倍の質量で、半径は太陽の0.6倍であり、表面温度は4402ケルビンで、スペクトル型はK5です。

この恒星の惑星系で Kepler−442 bは恒星Kepler−442 の周りを公転周期112.3日で、軌道長半径0.4天文単位(51,185,529.1km)で公転しています。

ジャーナル記事

1.) VALIDATION OF TWELVE SMALL KEPLER TRANSITING PLANETS IN THE HABITABLE ZONE

2.) Exosolar photovoltaics: Exploring the detailed balance of other star and planetary systems

 

WEB記事

1.) Kepler-442b is more habitable than Earth

2.) Kepler-438b and 442b: Are These the Planets We’re Looking For?

3.) HIRAETH: KEPLER-442B