月: 2018年7月

Kepler-1229 b

Kepler-1229 b は、太陽系から 769.7 光年( 236パーセク)離れた恒星Kepler-1229 を周回する系外惑星で 2016 年に公開された. 恒星 Kepler-1229 は視等級 13.2, 絶対等級 6.4 である. この恒星は太陽の 0.5 倍の質量で、 半径は太陽の0.5 倍であり 表面温度は 3784 ケルビンで、スペクトル型は M0である。 この恒星の惑星系で Kepler-1229 b は、恒星 Kepler-1229 のまわりを 公転周期86.8 日で、 軌道長半径 0.31 天文単位 ( 46,749,073.9 km)で公転している。

CoRoT-20 b

CoRoT-20bは、ナショナルジオグラフィックによると、どのように惑星が形成され、太陽のような星に近づくかについての現在の理論を無視して天文学者に挑戦する、新しい惑星です。 木星の大きさの4/5の惑星は4000光年先に発見され、フランスのサイトMaxiSciencesが報告しました。 CoRoT-20bはガス巨大惑星であると考えられていますが、比較的小さなサイズであり、木星の4倍の質量を持っているため、知られている最も高密度の惑星の1つになっています。 これは、National Geographicによると、CoRoT-20bがどのように形成されたかに取り組んでいる天文学者に問題を与えます。新しい高密度惑星が、ガス状の大気に囲まれた堅固なコアである従来のガス巨星と同じ構造をしているならば、惑星の核は全質量の50%から77%を占めるでしょう。一方、木星はその質量のわずか15%を占めています。

 

ジャーナル記事

1.) Transiting exoplanets from the CoRoT space mission XX. CoRoT-20b: A very high density, high eccentricity transiting giant planet

https://www.aanda.org/articles/aa/full_html/2012/02/aa17681-11/aa17681-11.html

 

WEB記事

1.) CoRoT-20b: new planet found

https://www.pri.org/stories/2012-02-24/corot-20b-new-planet-found

CoRoT-27 b

Parviainen H.et al.(2014)は、42億年前の太陽のような星を3.58日で周る軌道上で、巨大な高密度惑星の発見を報告しています。この惑星はCoRoT-27bと識別されています。木星と同様、CoRoT-27bはガス巨大惑星です。この存在はCoRoT宇宙望遠鏡によって検出されました。なぜなら、惑星は親星を周期的に通過し、星の光の小部分を遮断するからです。 CoRoT-27bの質量は10.39±0.55 木星質量で、木星の半径の1.01±0.04倍です。これにより、CoRoT-27bの平均密度は水の密度の12.6倍になります。これは地球の平均密度の2倍以上であり、木星の平均密度のほぼ10倍です。 木星と同様に、CoRoT-27bは主に水素とヘリウムからなるガス状の惑星です。 CoRoT-27bの構造および組成は、2つのモデルから推測することができます。最初のモデルでは、惑星は広範囲の水素 – ヘリウム包囲体で囲まれた中央の岩石コアで作られていると仮定されています。第1のモデルは、0.11の重元素質量分率と一致し、366の地球質量の中心質量を表します。第2のモデルでは、中央の岩石コアは存在せず、重元素は水素 – ヘリウム包絡線全体に存在します。 2番目のモデルは、0.07の重元素質量分率と一致し、219の質量質量の重元素質量を表します。 CoRoT-27bは、最も巨大な惑星と褐色矮星との間で、まばらに居住している重なり合った質量体制に入ります。その高い質量を考えると、CoRoT-27bの「表面」上の重力は、地球上の表面重力の27倍です。技術的には、CoRoT-27bは表面が存在していれば中央の岩石コアに至るまでガス状であるため、表面はありません。親星に近いので、CoRoT-27bの平衡温度は1500±130Kと推定されています。CoRoT-27bの発見は、人口密度の低い巨大な近接惑星クラスにとって重要な要素です。

 

ジャーナル記事

1.) Transiting exoplanets from the CoRoT space mission XXV. CoRoT-27b: a massive and dense planet on a short-period orbit?

 

WEB記事

1.) CoRoT-27b: A Massive and Dense Planet

2.) CoRoT-27b, a massive, dense planet on a short-period orbit about a G-type star.

EPIC 220674823

2つの通過惑星がK2ターゲットEPIC 220674823を周回していることが確認されている。1つの軌道は、わずか0.57日(13.7時間)の周期を持つ超短期惑星(USP)であり、もう1つは13.3日間である。両方の惑星は小さく、前者は半径Rp1 = 1.5 R +であり、後者はRp2 = 2.5 R +4である。ラジアル速度(不確実性が110ms -1)や高分解能の適応光学画像などのフォローアップ観察は、他の恒星の兆候を示さない。 EPIC 220674823は、第12番目の確認済みまたは有効化された惑星系であり、極短期惑星(すなわち、1日未満の軌道周期を有する)が少なくともさらに別の1つの惑星を伴い、そのようなシステムが一般的であり、そのような極端なシステムの形成と進化のためのモデルで説明されている。

 

 

ジャーナル記事

1.) ULTRA SHORT PERIOD PLANETS IN K2 WITH COMPANIONS: A DOUBLE TRANSITING SYSTEM FOR EPIC 220674823

2.) The high-resolution cross-dispersed echelle white-pupil spectrometer of the McDonald Observatory 2.7-m telescope

 

WEB記事

1.) EPIC 220674823

http://www.openexoplanetcatalogue.com/planet/EPIC%20220674823%20b/

GJ 9827 c

(Imaginary Picture of GJ9827 c: Ryusuke Kuroki, Fuka Takagi & Yosuke A. Yamashiki)

GJ9827(別名K2-135)は地球から約100光年離れたK6型星(表面温度4255K, 質量・半径共に太陽の約0.7倍程度)で、K2ミッション(ケプラー宇宙望遠鏡の第二期ミッション)によるトランジット法惑星探査が実施されました。その結果、この恒星の周りには3つのスーパーアース(地球の数倍程度の質量・半径の惑星)が周回していることが、2018年2月に出版のAstronomical Journal誌で報告されました。この3つのスーパーアース(中心星に近い方からGJ9827b, GJ9827c, GJ9827d)は、半径は地球の1.62倍, 1.27倍, 2.07倍で、中心星の周りを周回する軌道周期は1.2日, 3.6 日, 6.2日という値です。

この惑星系は地球から約100光年という距離にあり、現在(論文出版時の2018年2月)までにK2ミッションで発見されたスーパーアースの中では最も近い惑星となっています。そのこと、数年後に打ち上げ予定のJames Web Space Telescope (JWST)でのより詳細な惑星大気の観測に適していると強く期待されています。このような スーパーアースの惑星大気観測は、地球型惑星(岩石惑星)と木星製のようなガス惑星の境界に位置するスーパーアースがどのような大気構造及び内部構造を持っているかに迫る鍵とも言え、その意味でこのGJ9827惑星系は非常に有望な惑星系ということが言えます。

(Yuta Notsu)

ジャーナル記事

1.) A System of Three Super Earths Transiting the Late K-Dwarf GJ 9827 at 30 pc

2.) Mass determination of the 1:3:5 near-resonant planets transiting GJ 9827 (K2-135)

3.) HD 106315 and GJ 9827: Understanding the Formation and Evolution of Small Planets

 

WEB記事

1.) Planet GJ 9827 c

2.) THREE POSSIBLE SUPER-EARTHS DISCOVERED AROUND NEARBY SUN-LIKE STAR

3.) Planetary System GJ 9827, Secrets Of Far-Away Super-Earth