カテゴリー: 有名な系外惑星

WASP-103 b

WASP-103 b は、太陽系から 1532.9 光年( パーセク)離れた恒星WASP-103 を周回する系外惑星で 2014 年に公開されました.
恒星 WASP-103 は視等級 12.0, 絶対等級 3.6 です.
この恒星は太陽の 1.2 倍の質量で、 半径は太陽の1.4 倍であり 表面温度は 6110 で、スペクトル型は F8Vです。
この恒星の惑星系で WASP-103 b は、恒星 WASP-103 のまわりを 公転周期0.9 日で、 軌道長半径 0.02 天文単位 ( 2969517.7 km)で公転しています。

WASP-103 bは、質量が木星の約1.5倍、半径が木星の約1.5倍のホットジュピターです。太陽系からは約1533光年離れたところにあります。スーパーWASPプロジェクトによりWASP-103に惑星があることが示唆され、その後2014年、TRAPPISTという望遠鏡でトランジット法により発見されました。
主星WASP-103(F型星)からの距離がわずか約0.02AUであるため、推定黒体温度が約2440Kとかなりの高温で、1日も経たないうちに公転してしまいます。また、WASP 103 bはホットジュピターの質量モデルから推定されるよりも低密度(約550kg/m3)と考えられています。これはWASP 103 b が主星から非常に多くの放射線を受けていること、公転する位置がRoche限界(主星の潮汐力が主星と惑星との引力とつり合うことができ、惑星が破壊されずにすむ距離の限界)にとても近く、潮汐破壊現象を起こしかけていることが関連していると考えられています。
このように潮汐破壊現象を起こしかけている惑星としては他にWASP 12 bやWASP 19 b、OGLE-TR-56 bがあります。これらの極限状態にあるホットジュピターは、ホットジュピターの最期を知る上で重要であると考えられており、焦点が集まっています。
(文責:白樫聖夢)

参考文献
[1] M. Gillon et al. “WASP-103 b: a new planet at the edge of tidal disruption”. A&A. 2014/02/05.
https://www.aanda.org/articles/aa/pdf/2014/02/aa23014-13.pdf, (閲覧日: 2022/03/21)
[2] WASP 103 b, ExoKyoto,
http://www.exoplanetkyoto.org/exohtml/WASP-103_bJP.html, (閲覧日: 2022/03/18)

Imaginary Picture of WASP-103 b

Imaginary picture of WASP-103 b (Image credit: Miu Shimizu)

WASP-103 bについて詳しく知りたい方は、以下のリンクをご覧ください。
http://www.exoplanetkyoto.org/exohtml/WASP-103_bJP.html

TOI-1278 b

TOI-1278 b は、太陽系から 246.1 光年( パーセク)離れた恒星TOI-1278 を周回する系外惑星で 2021 年に公開されました。
恒星 TOI-1278 は視等級 13.5, 絶対等級 9.1 です。
この恒星は太陽の 0.6 倍の質量で、 半径は太陽の0.6 倍であり 表面温度は 3799 で、スペクトル型は MOVです。
この恒星の惑星系で TOI-1278 b は、恒星 TOI-1278 のまわりを 公転周期14.5 日で、 軌道長半径 0.10 天文単位 ( 14211797.7 km)で公転しています。

TOI-1278bは2021年に発見が公表された。太陽系から約246.1光年 (75.5パーセク) の離れたはくちょう座に位置するM型恒星TOI-1278 を周回するガス惑星である。質量は木星の18.5倍で、半径は木星の1.09倍である。恒星を1周するのに14.5日かかり、恒星から0.095天文単位で離れている。これほど短い恒星からの距離であることは、既知のM矮星系の中でも特徴的である。

恒星の名前にあるTOIとはTess Objects of Interest の頭文字で、太陽系外惑星探索衛星TESSの観測により惑星が存在する可能性が示された天体のカタログを意味している。TOIカタログにリストアップされた天体は、ドップラー分光法や直接撮像法などの、トランジット法以外の観測方法によって追加観測が実施される。(文責:小川)

参考:
Artigau et al. 2021., TOI–1278 B: SPIRou Unveils a Rare Brown Dwarf Companion in Close-in Orbit around an M Dwarf, The Astronomical Journal 162 144
https://exoplanets.nasa.gov/exoplanet-catalog/

TOI-1278 b について詳しく知りたい方は以下のExokyotoのデータベースページをご覧ください。
TOI-1278 b (exoplanetkyoto.org)

GJ 682 b

GJ 682 b は、恒星GJ 682 を周回する系外惑星で 2014 年に公開された. 恒星 GJ 682 は視等級 22.0, 絶対等級 25.0 である. この恒星は太陽の 0.3 倍の質量で、 半径は太陽の0.3 倍であり 表面温度は 3028 ケルビンで、スペクトル型は M3.5Vである。この恒星の惑星系で GJ 682 b は、恒星 GJ 682 のまわりを 公転周期17.5 日で、 軌道長半径 0.08 天文単位 ( 11,967,829.7 km)で公転している。

GJ 682 bは、恒星GJ 682の周りで発見された2つのスーパーアースのうち内側の軌道を周回する系外惑星で、2014年に視線速度法により発見された。中心星のGJ 682は太陽系からさそり座の方向に約16光年離れた所に位置するM型の赤色矮星である。この赤色矮星は半径と質量が太陽の約0.3倍で、表面温度は3028Kである。またスペクトル型はM3.5Vであり、視等級は10.95で地球からは非常に暗く小さいため目視することはできない。
GJ 682 bは中心星のGJ 682から0.08 AUの軌道を約17.5日の公転周期で周回しており、その軌道は中心星のハビタブルゾーン内にある。GJ 682 bの質量は地球の4.4倍でスーパーアースに分類されているが、サブネプチューンのような組成の可能性もある。さらに潮汐ロックされていると考えられている。


またこのGJ 682 bと恒星GJ 682の周りで発見されたもう一つの系外惑星GJ 682 cについては、その存在が確かではない。2014年にこの系外惑星の発見を報告した論文では、GJ 682は彩層活動が活発でないと見られていることなどから、観測された信号が2つの惑星によるドップラー効果である可能性が高いとしている。その一方で、いくつかのM型星の観測データを再分析した2020年の論文では、周期17.48日の信号(GJ 682 b と考えられている信号)はおそらく恒星の活動によるものだという報告がされている。しかしいずれにせよ現時点では、これら2つの系外惑星が存在しないとも言い切れないようである。これら2つの系外惑星の存在については、今後の報告に期待したい。

参考文献:
1. “CD-44 11909 / Gl 682 – SolStation.com”, http://www.solstation.com/stars/gl682.html (2022年2月26日参照)

2. “GJ 682 Overview – NASA Exoplanet Archive”,
https://exoplanetarchive.ipac.caltech.edu/overview/GJ%20682%20b#planet_GJ-682-b_collapsible (2022年2月26日参照)

3. “Bayesian search for low-mass planets around nearby M dwarfs – estimates for occurrence rate based on global detectability statistics”,
https://academic.oup.com/mnras/article-pdf/441/2/1545/3626324/stu358.pdf (2022年2月26日参照)

4. “Search for Nearby Earth Analogs. II. Detection of Five New Planets, Eight Planet Candidates, and Confirmation of Three Planets around Nine Nearby M Dwarfs”,
https://iopscience.iop.org/article/10.3847/1538-4365/ab5e7c/pdf (2022年2月26日参照)

GJ 682 b について詳しく知りたい方は以下のExokyotoのデータベースページをご覧ください。

http://www.exoplanetkyoto.org/exohtml/GJ_682_bJP.html

GJ 3323 b

GJ 3323 b は、恒星GJ 3323 を周回する系外惑星で 2017 年に公開された. 恒星 GJ 3323 は視等級 12.2, 絶対等級 25.0 である. この恒星は太陽の 0.2 倍の質量で、半径は太陽の0.1 倍であり 表面温度は 3159 ケルビンで、スペクトル型は M4である。 この恒星の惑星系で GJ 3323 b は、恒星 GJ 3323 のまわりを 公転周期5.4 日で、 軌道長半径 0.03 天文単位 ( 4,909,802.1 km)で公転している。

GJ 3323 b について詳しく知りたい方は以下のExokyotoのデータベースページをご覧ください。

http://www.exoplanetkyoto.org/exohtml/GJ_3323_bJP.html

Imaginary picture of GJ 3323 b

GJ 3323 bの想像図 
(Image Credit: Megumi Yokoyama, Habitable Research Group Moriyama Junior High School )

Proxima Centauri c

Proxima Centauri cは、2019年に視線速度法によって発見された、スーパーアースサイズの系外惑星です。推定半径は木星の0.16倍 (地球の1.8倍) 、推定質量は木星の0.03倍 (地球の9.54倍) です。中心星はProxima Centauri (太陽から約4.2光年、M型星) で、Proxima Centauri cは中心星から約1.5AUのところを一周約5.3年かけて回っています。また、その軌道は、居住可能性がありかつ地球からもっとも近い惑星として知られる、Proxima Centauri bの一つ外側にあります。Proxima Centauri c自体は、中心星のハビタブルゾーンから大きく離れていて、推定黒体温度が-231℃と低く、居住不可能と考えられています。

(※中心星Proxima Centauriについては、Proxima Centauri bの記事をぜひご覧ください!)

スーパーアースサイズの惑星は、通常、中心星のスノーライン付近で形成される、と考えられています。しかし、Proxima Centauri cの場合、Proxima Centauriのスノーラインは0.088AU付近にあり、Proxima Centauri cは中心星から約1.5AUにあるため、この考えを覆す惑星である、と言えます。一方で、この惑星は本当は存在しないのかもしれません。現在、ESAが打ち上げたガイアなどの宇宙望遠鏡が、Proxima Centauri cの存在を確認しようとしています。

(文責:白樫)

参考
1) Proxima Centauri c, ExoKyoto, http://www.exoplanetkyoto.org/exohtml/Proxima_Centauri_cJP.html
2) “A second planet might orbit the closest star to the sun, and astronomers think it’s a super-Earth”, INSIDER,
https://www.businessinsider.com/super-earth-orbits-proxima-centauri-closest-star-to-sun-2020-1

 

Proxima centauri cの想像図(岩石惑星の場合その1)
(Image Credit: Yuna Watanabe, Habitable Research Group Moriyama Junior High School )

Proxima centauri cの想像図(岩石惑星の場合その2)
(Image Credit: Yuna Watanabe, Habitable Research Group Moriyama Junior High School )

Proxima centauri cの想像図(ガス惑星の場合)
(Image Credit: Yuna Watanabe, Habitable Research Group Moriyama Junior High School )

Pi Mensae b,c

<Pi Mensae b>  楕円軌道を持つスーパージュピター
<pi Mensae bの想像図 滋賀県立守山中学高等学校ハビタブル研究会 横山 恵美>

太陽の2.1倍の半径をもつとされる主星Pi Mensae (HD 39091)星には、合計二つの太陽系外惑星が発見されており、最初に発見されたのは、2001年に発見されたPi Mensae b (HD39091b)です。この惑星は、質量が木星の10.02倍と考えられており、かつ楕円軌道で中心星から1-5天文単位という、ちょうど金星相当軌道の内側からハビタブルゾーンの外側を2093日かけて周回する惑星です。なお、Pi Mensa bの半径はまだ正確には観測されていません。

(文責:山敷庸亮)

Pi Mensae b について詳しく知りたい方は以下のExokyotoのデータベースページをご覧ください。

http://www.exoplanetkyoto.org/exohtml/pi_Men_bJP.html

<pi Mensae b (HD 39091 b)の楕円軌道(紫色)と、Kopparapu et al. 2013によるハビタブルゾーン位置>

<pi Mensae bの想像図 exokyoto system automated selection, – © 2018 ExoplanetKyoto – Ryusuke Kuroki, Yosuke A. Yamashiki and Natsuki Hosono>

<pi Mensae cの想像図 exokyoto system automated selection,© 2018 ExoplanetKyoto- Ryusuke Kuroki, Yosuke A. Yamashiki and Natsuki Hosono>

Pi Mensae c (テーブルさん座π星c) は、太陽よりもやや大きくて明るい G 型星である Pi Mensae の周りを回る、地球の約2倍の半径を持つスーパーアースサイズの惑星です。この惑星の存在は2018年9月16日の arXiv で最初に報告されており、太陽系外惑星探索衛星 TESS によって発見された初めての系外惑星となりました。なお、Pi Mensae の周りには 2001 年にすでに木星の10倍の質量を持つ Pi Mensae b が発見されています。

<左から(1)太陽とpi Mensae (HD 39091) (2) 木星、(3) 海王星、(4) 地球とpi Mensae cとの比較>

Pi Mensae c は、サイズに対して質量が小さく、地球よりも低密度な惑星だと推定されています。そのため、大量の水を持っている惑星、あるいは分厚い大気を持っている惑星であると考えられています。また中心星からの距離は、太陽から水星までの距離の 1/50 程度しかないため、表面は高温で水が蒸発し続ける環境になっていることが推測されます。

<pi Mensae c (HD 39091 c)の軌道と、暴走温室限界線(緑)>

ちなみに Pi Mensae c は地球から 60 光年ほどの距離にあり、視等級は 5.67 等級であるため、非常に暗い環境下であれば地上から肉眼でも見ることのできる恒星です。もし南半球を旅されてこの星を実際に見ることができた際には、ぜひ「あの星の周りにはスーパーアースが回っているんだよ!」と周りの人に教えてあげましょう。

(文責:佐々木貴教)

Pi Mensae cについて詳しく知りたい方は以下のExokyotoのデータベースページをご覧ください。

http://www.exoplanetkyoto.org/exohtml/pi_Men_cJP.html

ちなみに、Mensaというのは日本語で「テーブルさん座」と定義されていますが、そもそもテーブルさんって何か知っていますか?テーブルさんとはテーブル山、すなわち、Table Mountain (ラテン語ではMons Mensae ), 南アフリカケープタウンにある、街を見下ろす素晴らしい台地状の山で、喜望峰周辺部の特徴的な地形です。フランスの天文学者ニコラ=ルイ・ド・ラカーユ(Abbé Nicolas-Louis de Lacaille)が設定した南天の14(12)の星座の一つです。

テーブルさん(Table Mountain) の写真を参考までに掲載します。

<Mons Mensae – Table Mountain, photo taken by Yosuke A. Yamashiki in 2000, © 2018 ExoplanetKyoto>>