CoRoT-27 b

7月 6, 2018 系外惑星の紹介

Parviainen H.et al.(2014)は、42億年前の太陽のような星を3.58日で周る軌道上で、巨大な高密度惑星の発見を報告しています。この惑星はCoRoT-27bと識別されています。木星と同様、CoRoT-27bはガス巨大惑星です。この存在はCoRoT宇宙望遠鏡によって検出されました。なぜなら、惑星は親星を周期的に通過し、星の光の小部分を遮断するからです。 CoRoT-27bの質量は10.39±0.55 木星質量で、木星の半径の1.01±0.04倍です。これにより、CoRoT-27bの平均密度は水の密度の12.6倍になります。これは地球の平均密度の2倍以上であり、木星の平均密度のほぼ10倍です。 木星と同様に、CoRoT-27bは主に水素とヘリウムからなるガス状の惑星です。 CoRoT-27bの構造および組成は、2つのモデルから推測することができます。最初のモデルでは、惑星は広範囲の水素 – ヘリウム包囲体で囲まれた中央の岩石コアで作られていると仮定されています。第1のモデルは、0.11の重元素質量分率と一致し、366の地球質量の中心質量を表します。第2のモデルでは、中央の岩石コアは存在せず、重元素は水素 – ヘリウム包絡線全体に存在します。 2番目のモデルは、0.07の重元素質量分率と一致し、219の質量質量の重元素質量を表します。 CoRoT-27bは、最も巨大な惑星と褐色矮星との間で、まばらに居住している重なり合った質量体制に入ります。その高い質量を考えると、CoRoT-27bの「表面」上の重力は、地球上の表面重力の27倍です。技術的には、CoRoT-27bは表面が存在していれば中央の岩石コアに至るまでガス状であるため、表面はありません。親星に近いので、CoRoT-27bの平衡温度は1500±130Kと推定されています。CoRoT-27bの発見は、人口密度の低い巨大な近接惑星クラスにとって重要な要素です。

 

ジャーナル記事

1.) Transiting exoplanets from the CoRoT space mission XXV. CoRoT-27b: a massive and dense planet on a short-period orbit?

 

WEB記事

1.) CoRoT-27b: A Massive and Dense Planet

2.) CoRoT-27b, a massive, dense planet on a short-period orbit about a G-type star.

投稿者: exoplanetkyo