HD 219134 b

7月 6, 2018 系外惑星の紹介

キャッチーな名前を持っていないかもしれませんが、私たちの太陽系外で最も近く知られている岩石の惑星であるHD 219134 bも注目に値します。

 

惑星HD219134bは、太陽からわずか21光年の距離で、星座の近くの人間の目に見える星HD 219134を旋回します。その惑星は他の3つの惑星と主星の軌道上に並んでいます。水星、金星、地球、火星の太陽系のように、HD 219134 bは惑星の兄弟です。 HD 219134に特別なのは、それが私たちにとってどれほど近くにあるのか – 比較的わかることです。もっと遠くにいたら難しい、あるいは不可能なテクニックを使って、このような系外惑星についてたくさん学ぶことができます。 例えば、ラジアルベロシティ法と呼ばれる手法を用いて、系外惑星の重力の引っ張りによって引き起こされる星の小さな動きを測定することで、系外惑星の質量を推測することが可能です。これは、HD 219134 bが地球の4倍から5倍の質量を持ち、「超大地」と呼ばれる外惑星の一種になっていることを示しています。

 

ジャーナル記事

1.) Bayesian analysis of interiors of HD 219134b, Kepler-10b, Kepler-93b, CoRoT-7b, 55 Cnc e, and HD 97658b using stellar abundance proxies

2.) The HARPS-N Rocky Planet Search I. HD 219134 b: A transiting rocky planet in a multi-planet system at 6.5 pc from the Sun

3.) A SIX-PLANET SYSTEM ORBITING HD 219134

 

WEB記事

1.) It’s not Earth 2.0, but our new rocky neighbour is a planet worth watching

投稿者: exoplanetkyo