Kepler 442 b

7月 6, 2018 系外惑星の紹介

<Imaginary Picture of Kepler-442 b     Credit:  M Masada, SGH Moriyama High School>

Kepler-442bは太陽よりも小さくて涼しい赤色矮星を周回する惑星です。 Kepler-442bは、1周112日の公転軌道をまわり、地球の約3分の2の光を得ます。科学者たちは、ハビタブルゾーンに存在し、生命が存在する可能性は97%であるとしています。 Kepler-442bは1,100光年離れており、地球の約3分の1です。ロッキーになる確率は60%です。

Kepler−442 bは太陽系から1115.5光年(342.0パーセク)離れた恒星Kepler−442 を周回する系外惑星で、2015年に公開されました。

恒星Kepler−442 は視等級15.3、絶対等級7.6です。

この恒星は太陽の0.6倍の質量で、半径は太陽の0.6倍であり、表面温度は4402ケルビンで、スペクトル型はK5です。

この恒星の惑星系で Kepler−442 bは恒星Kepler−442 の周りを公転周期112.3日で、軌道長半径0.4天文単位(51,185,529.1km)で公転しています。

ジャーナル記事

1.) VALIDATION OF TWELVE SMALL KEPLER TRANSITING PLANETS IN THE HABITABLE ZONE

2.) Exosolar photovoltaics: Exploring the detailed balance of other star and planetary systems

 

WEB記事

1.) Kepler-442b is more habitable than Earth

2.) Kepler-438b and 442b: Are These the Planets We’re Looking For?

3.) HIRAETH: KEPLER-442B

投稿者: exoplanetkyo