カテゴリー: 有名な系外惑星

Kepler-16b

Kepler-16b は、白鳥座に位置する K 型星の Kepler-16A と M 型星の Kepler-16B の連星 Kepler-16(AB) の周りを回っており、恒星同士の連星を公転している「周連星惑星」として初めて発見された天体です。そのため、Kepler-16b の地表からは “太陽” が2つ見えることになります。また公転軌道は、明るい方の恒星である Kepler-16A のハビタブルゾーンの外側の縁あたりに位置しています。

Kepler-16b は、半径が地球の 8.5 倍、質量が地球の 105 倍と、サイズとしては太陽系の土星に近く、ガス惑星であると考えられます。Kepler-16b 上には地球のような生命体がいるとは考えにくいですが、仮にその周りに地球サイズの衛星が存在すると仮定すると、十分な大気を持てば生命体が発生する可能性はあると期待されます。

kep-16b main1jpg
(クレジット:Shione Fujita & SGH Moriyama High School)

この仮想衛星から空を見上げると、Kepler-16b(土星のようなリング惑星)と、遠くに輝く2つの太陽(Kepler-16(AB))が見えることでしょう。太陽系には存在しない「ハビタブルムーン」上に生命が発生し、彼らは地球とは全く異なる風景を眺めているかもしれない、と考えるとなかなか興味深いものがありますね。

ちなみに、アメリカで行われた研究会において初めて Kepler-16b が発表されたとき、会場はスタンディングオベーションに包まれました。映画「スター・ウォーズ」に登場する、ルーク・スカイウォーカーの故郷タトゥイーン(Tatooine)が、ついに発見された!ということで、大盛り上がりになったのです。「SF に現実が追いついた」そんな素敵な瞬間でした。

周連星惑星はその後も次々と発見されており、単独星周りとは異なる惑星形成プロセスの可能性や、より複雑なハビタブルゾーンの計算など、様々な研究が精力的に行われているところです。宇宙には単独星よりも二重以上の連星の方が多く存在していると考えられており、周連星惑星の重要性は非常に大きいといえるでしょう。

(文責:藤田汐音・佐々木貴教)

Kepler16b
Kepler16(AB)b
(ExoKyoto Stellar Window 上での Kepler-16b)

Kepler-16b についての詳しい情報はこちら。
http://www.exoplanetkyoto.org/exohtml/Kepler-16_(AB)_b.html

HD 209458 b

HD 209458 b(別名オシリス)は 1999 年に世界で初めてトランジット法による観測がなされた系外惑星です。ペガスス座V376 星を周回しており、古代エジプト神話に出てくる神オシリスにちなんで名付けられました。軌道が恒星から非常に近い「ホット・ジュピター」の一つで、表面温度が 1000℃ を超えていると考えられています。また、恒星の重力により常に一つの面を恒星に向けています。

hd209458-b%e3%80%80%ef%bc%95
(Image Credit: Shione Fujita, Habitable Research Group, SGH Moriyama High School)

HD209458b7
HD209458b2
(Image Credit: Ryusuke Kuroki, Yosuke Yamashiki & Natsuki Hosono)

HD 209458 b は初めて大気の存在が確認された系外惑星でもあります。惑星の大気を通過した恒星からの光を波長ごとに詳しく調べることで、惑星の大気を構成する分子の種類がわかります。それによると、HD 209458 b の大気の下層部にはナトリウム、上層部には水素や炭素を含む分子があることがわかりました。また、高温のため激しく放出される大気が彗星のように尾を引いていたり、鉱物でできた雲が浮かんでいたりと、HD 209458 b は私たちのよく知っている太陽系の惑星とは全く異なる特徴を持っていると考えられています。

このような系外惑星大気の特徴は、今の観測技術では「惑星の大気を通過した恒星からの光」を観測しなければわかりません。一度にたくさんの恒星を観測し自動的に解析できる点も考えれば、「トランジット法」が非常に強力な観測手法であることがわかります。

なお、HD 209458 b によるトランジットは、直径30cm程度の比較的小さな望遠鏡でも観測することができます。自分で観測したデータを解析し、実際に自分の手で系外惑星の存在を示す光度曲線を得ると、「系外惑星」という遠い宇宙の話が急に身近に感じられるでしょう。ぜひ皆さんも一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

(文責:芝池諭人)

HD209458b_Stellar
HD209458b_Z1

HD209458b_Z2
(ExoKyoto Stellar Window を用いた HD 209458 b の天球上の位置)

HD 209458 b についての詳しい情報はこちら。
http://www.exoplanetkyoto.org/exohtml/HD_209458_b.html

Proxima Centauri b

Proxima Centauri b は、赤色矮星である Proxima Centauri の周りのハビタブルゾーンを回る、地球サイズの系外惑星です。半径は地球よりもわずかに大きいだけであるため、地球と似た岩石惑星である可能性が高いと考えられます。2016年8月にヨーロッパ南天天文台により、視線速度法を用いて発見されました。地球からわずか 4.22 光年の位置にあり、現在までに発見されている系外惑星の中で、太陽系から最も近い惑星です。


(クレジット:Miu Shimizu & SGH Moriyama High School)

<発見直後に描いてもらったイラスト>
proxima-re

(クレジット:Shione Fujita & SGH Moriyama High School)

中心星の Proxima Centauri は、M 型矮星とよばれる太陽よりも小さく暗い恒星であるため、ハビタブルゾーンの位置は太陽型星と比べてはるかに中心星の近くにきます。そのためこの惑星も、中心星からわずか 750万km の位置を周回しています(ちなみに地球は太陽から 1億5,000万km のいちを周回しています)。なお、ハビタブルゾーンが中心星の近くにあるばあい、その中に位置する惑星は中心星に対して「潮汐ロック」されている可能性が高く、中心星に対して常に同じ面を向けていることが予想されます。

また中心星の Proxima Centauri は、星全体がフレアを起こすことで急激に増光する「フレア星」であることがわかっています。Proxima Centauri b は、中心星との距離が 0.05 AU(地球-太陽間の距離 = 1AU)と非常に近いため、フレアが起きた際には、高エネルギー粒子や X 線などが大量に地表に降り注ぐことになります。残念ながら、生命が存在するには厳しい環境かもしれません。

しかし、もしもこの惑星上に知的生命が住んでいたとしたら、電磁波を使えば数年程度で交信を行うことが可能です。人類にとって初めての地球外生命体との「コンタクト」が、近い将来実現されるかもしれません(!?)

(文責:佐々木貴教)

(Imaginary Picture of Proxima Centauri b, credit, Fuka Takagi & Yosuke Yamashiki, created using Planet Generator and OpenGL)

ProximaCen_Stellar

ProximaCen_Z1

ProximaCen_Z2
(ExoKyoto Stellar Window を用いて天球上に表示した Proxima Cen b)

Proxima Centauri b についての詳しい情報はこちら。
http://www.exoplanetkyoto.org/exohtml/Proxima_Cen_b.html

ジャーナル記事

1.) THE HABITABILITY OF PROXIMA CENTAURI B I: EVOLUTIONARY SCENARIOS

2.) The habitability of Proxima Centauri b II. Possible climates and observability

3.) A terrestrial planet candidate in a temperate orbit around Proxima Centauri

 

WEB記事

1.) The habitability of Proxima Centauri b

2.) An Earth-like Atmosphere May Not Survive Proxima b’s Orbit

3.) Superflare Blasts Proxima b, the Nearest Exoplanet, Dimming Hopes of Life