Michel Mayor and Didier Queloz, who discovered the first extrasolar planet (51 Pegasi b) in the world, won the Nobel Prize in Physics 2019 -世界で初めて太陽系外惑星(51Pegasi b) を発見したミシェル・マイヨール氏、ディディエル・クゥエロツ氏らが2019年ノーベル物理学賞を受賞しました。

2019年ノーベル物理学賞は、宇宙論のジェームス・ピーブルズ氏(James Peebles’ プリンストン大学教授)とともに、世界で初めての太陽系外惑星ペガスス座51番星bを1995年に視線速度法で初めて発見、Nature誌に発表したミシェル・マイヨール氏(Michael Mayor, ジュネーブ大学教授)、ディディエル・クゥエロツ氏(Didier Queloz, ジュネーブ大学、ケンブリッジ大学)ら3名に授与されることになりました。大変おめでとうございます。

受賞の原因となったペガスス座51番星bについては以下に詳しく紹介しております。

Congratulations to Michael Mayor (Professor of University of Geneva) and Didier Queloz (Professor of University of Geneva) who won the 2019 Nobel Prize in Physics, together with James Peebles (Professor of Princeton University) of Cosmology. They discovered the world’s first extrasolar planet, 51 Pegasi b, by the radial velocity method in 1995.

The details of 51 Pegasi b are detailed below.

51 Pegasi b

 

Publications

  1. 2019/3/18

    GJ667Cc
    (潮汐ロックされている場合のGJ667C…
  2. 2018/10/2

    Pi Mensae c
    <Pi Mensae c> Red Hot Su…
  3. 2018/1/9

    Kepler-90 i
    Kepler 90 is a G typ…
  4. 2017/9/5

    55 Cancri e
    The Cancer-55e is an exoplanet…
  5. 2017/9/2

    Beta Pictoris b
    <Imaginary image of Bet…