Exoplanet Education Workshop was held- 2020年2/8 宇宙ユニットワークショップにて系外惑星教育ワークショップ「人が住める星を考えよう」を開催しました

2/8(土)に開催された第13回宇宙ユニットシンポジウム「人類は宇宙文明をつくれるか?—宇宙教育を通じた挑戦—」において、京都大学に在籍中の大学生および京都市立芸術大学の卒業生と参加者が、太陽系外惑星の想像図を一緒に考え描くイベント「人が住める星を考えよう」が開催されました。

今回のワークショップでは、3組の親子にご参加いただきました。企画は日頃から系外惑星データベースの開発・運営に関わっている(佐藤啓明さん、橋本亜美さん)によって行われました。

まず守山高校ハビタブル研究会の高校生らの作成したスライド発表で、銀河系にはどのような太陽系外惑星があるのかを学びました。系外惑星の発見方法や系外惑星の種類について、クイズをしたり、惑星の自転と公転の違いを実演しながら説明したりしながら発表しました。

潮汐ロック惑星の話など専門的な内容も含まれていましたが、大学生らの噛み砕いた説明で、小学生にも理解してもらえたようです。学校ではまだなかなか習わない内容ということもあり、楽しんでもらえたのかもしれません。

系外惑星について楽しく学んだ後は、参加者の皆さんに自由に惑星を想像してもらい、画用紙に描いてもらいました。学んだことを活かして惑星の温度や地質から色や形を想像する方もいれば、全く未知の、「あったらいいな」の発想で住みたい惑星を想像する方もいて、個性豊かで素敵な惑星像がたくさんできました。

実際、系外惑星は果てしなく距離が遠く、存在は確認されていても実際の姿がわかっていないものがほとんどです。だから今回参加者の皆さんが描いてくれたような惑星が、もしかしたら広い宇宙にはあるかもしれません。

なお本企画には、ExoKyotoのアプリケーションを利用した太陽系外惑星の説明を駆使し、全体の指導はExoKyoto開発担当の山敷庸亮教授が行い、京都市立大学生への指導は磯部洋明特任准教授が行いました。

 

On February 8th, Kyoto University students  drew imaginary exoplanets with elementary school students in an event called “Let’s think about planets that people can live on.”

It was held at the Kyoto University Graduate School of Advanced Integrated Studies in Human Survivability (GSAIS). In this workshop, 4 elementary school students from some elementary school participated, and learned what kind of extrasolar planets are in the Milky Way, then drew the imaginary planets.

The project was carried out by Kyoto university students (Sato Hiroaki, Hashimoto Ami), who invents the system of exoplanets to the ExoKyoto exoplanetary database. In the first half of the workshop, they presented about the methods of discovering extraterrestrial planets and the types of extraterrestrial planets, as well as demonstrating the difference between planetary rotation and revolution. When the exponent images appeared on the screen, the elementary school students were delighted and surprised.

Although the content was a bit difficult for the elementary school students, they exceeded expectations, and seemed to really understand the environment of tidally locked planets. Also, when they were imagining planets and drawing pictures, they made assumptions such as “there might be microorganisms in the ocean” or “if the distance from the host star is closer, the temperature will be higher.” In the completed imaginary pictures, there were many unique works, from a planet that looks like earth to a planet with many colorful volcanoes. We hope that the elementary school students who took part in this workshop gained an interest in space.

Incidentally, this project utilizes the explanation of extrasolar planets using ExoKyoto’s database. These explanations were carried out by Sato Hiroaki, 4th year student of the faculty of Science and Hashimoto Ami, 3rd year student of the Faculty of Agriculture. In addition, the entire guidance was done by Prof. Yamashiki who is in charge of the development of ExoKyoto.

* The imaginary extrasolar planet images drawn by the elementary students drawn are shown below. The copyright of the imaginary pictures are owned by the student whose name is listed.

 

最後になりましたが、参加してくれた小学生の作品を紹介いたします。

作:戸田裕陸さん
作:戸田裕彗さん
作:井上佑太さん
作:たくみさん

文:木村

Publications

  1. 2018/11/15

    GJ 699 b – B…
    Barnard's star b (GJ 699 b) …
  2. 2018/10/2

    Pi Mensae c
    <Pi Mensae c>  灼熱のスーパーアー…
  3. 2018/2/9

    浮遊惑星
    (Image credit: Rina Maeda, S…
  4. 2018/1/29

    GJ667Cc
    (潮汐ロックされている場合のGJ667Ccの…
  5. ケプラー90はスペクトルがG型の主系…