NGTS-13 bの想像図

惑星 NGTS-13 b の公転軌道表示
/
系外惑星名 : NGTS-13 b
別名・通称 :
半径 (木星半径 / 地球半径): 1.1420 (木星半径) 12.8007 (地球半径)
質量 (木星質量 / 地球質量): 4.8400 (木星質量) 1538.8199 (地球質量)
軌道長半径/推定軌道長半径 0.0549 (天文単位) 0.0549 (推定天文単位)
離心率 : 0.0860
公転周期(年) 0.0113
公転周期 (日・観測/推定) 4.12 (日・観測) 4.12 (日・推定)
表面重力(地球G) 9.3912
惑星境界面での中心星からの放射(W/m2) 1595493.3 (W/m2)
観測された表面温度 (K) 0.0 (K)
惑星のアルベドを0.1(ホットジュピター相当)と仮定したときの黒体温度(ケルビン) 1586.2 (K)
Blackbody T 0.3(K)惑星のアルベドを0.3(地球相当)と仮定したときの黒体温度(ケルビン) 1489.6 (K)
Blackbody T 0.7(K)惑星のアルベドを0.7(金星・雪玉地球相当)と仮定したときの黒体温度(ケルビン) 1205.3 (K)
潮汐ロックされていると仮定したときの黒体温度(アルベド0.1) (ケルビン) 1886.4 (K)
潮汐ロックされていると仮定したときの黒体温度(アルベド0.3) (ケルビン) 1771.5 (K)
半径による等級 Jupiter-size
質量による等級
検出方法 : Primary Transit
質量検出方法 : Radial Velocity
半径検出方法 : Primary Transit
太陽系相当天文単位による生命居住可能性: 生命居住不可
Kopparapu 2013による生命居住可能性: 生命居住不可
恒星名 : NGTS-13
別名・通称 :
恒星までの距離(光年) : 2142.8
恒星までの距離(パーセク) : 657.0
恒星半径(太陽半径) : 1.8 (Rsun 観測値)
恒星質量(太陽質量) : 1.3 (Msun 観測値) 1.3 (Msun 推定値)
星の年齢(単位・10億年(GY)): 4.2 (GY)
星の表面温度(ケルビン): 5918 (K)
スペクトル型 : G1
紫外線の割合[%]: 7.8
可視光線の割合[%]: 44.8
赤外線の割合[%]: 47.4
金属量 : 0.2
絶対等級 : 3.6
視等級 : 12.7
赤経(RA) 176.2417
赤緯(DEC) -38.1397
ハッブル宇宙望遠鏡ガイドスターカタログID(GSC) ID
発見者
発見論文-著者
発見論文-タイトル
発見論文-ジャーナル
発見論文 - URL
SIMBAD LINK
Open Exoplanet Database LINK
NGTS-13 b
NGTS-13 b

  • NGTS-13 b は、太陽系から 2142.8 光年( パーセク)離れた恒星NGTS-13 を周回する系外惑星で 2021 年に公開されました.
  • 恒星 NGTS-13 は視等級 12.7, 絶対等級 3.6 です.
  • この恒星は太陽の 1.3 倍の質量で、 半径は太陽の1.8 倍であり 表面温度は 5918 で、スペクトル型は G1です。
  • この恒星の惑星系で NGTS-13 b は、恒星 NGTS-13 のまわりを 公転周期4.1 日で、 軌道長半径 0.05 天文単位 ( 8212923.1 km)で公転しています。
  • (系外惑星NGTS-13 b の 主星NGTS-13まわりの公転軌道)


  • 主星 NGTS-13 のハビタブル・ゾーンは以下の位置にあります。
  • 内側境界(金星相当放射を受ける軌道半径): : 1.357 天文単位 ( 202943688.1 km)
  • 地球境界(地球相当放射を受ける軌道半径): : 1.875 天文単位 ( 280521212.5 km)
  • 外側境界(火星相当放射を受ける軌道半径): : 2.857 天文単位 ( 427452248.6 km)
  • スノーライン(スノーライン(雪線)相当放射を受ける軌道半径) : 4.205 天文単位 ( 629014709.3 km)
  • 系外惑星 NGTS-13 bの 惑星境界での中心星からの放射: 1595493.33 W/m2

    (太陽系相当天文単位(SEAU)によって計算された恒星NGTS-13のハビタブルゾーン)



  • Kopparapu 2013による、恒星 NGTS-13 の現在の金星位置条件に対応する半径: 1.394 天文単位
  • Kopparapu 2013による、恒星 NGTS-13 の地球サイズの惑星に対する暴走温室限界半径 :1.766 天文単位
  • Kopparapu 2013による、恒星 NGTS-13 のスーパーアースサイズの惑星に対する暴走温室限界半径 : 1.705 天文単位
  • Kopparapu 2013による、恒星 NGTS-13 の火星サイズの惑星に対する暴走温室限界半径 :  1.869 天文単位
  • Kopparapu 2013による、恒星 NGTS-13 の(火星相当惑星の)最大温室効果半径 : 3.107 天文単位
  • Kopparapu 2013による、恒星 NGTS-13 の太古の火星条件に相当する半径 : 3.277 天文単位

    (Kopparapu et al.(2013)によって計算された恒星NGTS-13のハビタブルゾーン)



  • Kopparapu (Original) による、 恒星 NGTS-13 の現在の金星位置条件に対応する半径 : 1.400 天文単位
  • Kopparapu (Original) による、 恒星 NGTS-13 の暴走温室限界半径 : 1.813 天文単位
  • Kopparapu (Original) による、 恒星 NGTS-13 の湿潤温室限界半径 : 1.852 天文単位
  • Kopparapu (Original) による、 恒星 NGTS-13 の(火星相当惑星の)最大温室効果半径 : 3.162 天文単位
  • Kopparapu (Original) による、 恒星 NGTS-13 の太古の火星条件に相当する半径 : 3.288 天文単位

    (Kopparapu(Original)によって計算された恒星NGTS-13のハビタブルゾーン)



    (恒星 NGTS-13 とその系外惑星 NGTS-13 b のExoKyotoステラマップでの位置)



    (恒星 NGTS-13 とその系外惑星 NGTS-13 b の拡大したExoKyotoステラマップでの位置)

    (恒星 NGTS-13 の合成スペクトル*)
    *Yamashiki YA et al. 2019 ApJ 881 114
    MUSCLES Paper I - France et al. 2016 ApJ 820 89
    MUSCLES Paper II- Youngblood et al. 2016 ApJ 824 101
    MUSCLES Paper III- Loyd et al. 2016 ApJ 824 102