K2-3 dの想像図
/
系外惑星名 : K2-3 d
別名・通称 :
半径 (木星半径 / 地球半径): 0.1350 (木星半径) 1.5132 (地球半径)
質量 (木星質量 / 地球質量): 0.0088 (木星質量) 2.7979 (地球質量)
軌道長半径/推定軌道長半径 0.2086 (天文単位) 0.2086 (推定天文単位)
離心率 : 0.0450
公転周期(年) 0.1220
公転周期 (日・観測/推定) 44.56 (日・観測) 44.48 (日・推定)
惑星境界面での中心星からの放射(W/m2) 2100.2 (W/m2)
観測された表面温度 (K) 0.0 (K)
惑星のアルベドを0.1(ホットジュピター相当)と仮定したときの黒体温度(ケルビン) 302.1 (K)
Blackbody T 0.3(K)惑星のアルベドを0.3(地球相当)と仮定したときの黒体温度(ケルビン) 283.7 (K)
Blackbody T 0.7(K)惑星のアルベドを0.7(金星・雪玉地球相当)と仮定したときの黒体温度(ケルビン) 229.6 (K)
潮汐ロックされていると仮定したときの黒体温度(アルベド0.1) (ケルビン) 359.3 (K)
潮汐ロックされていると仮定したときの黒体温度(アルベド0.3) (ケルビン) 337.4 (K)
半径による等級 super-Earth-size
質量による等級
検出方法 : Primary Transit
質量検出方法 : Radial Velocity
半径検出方法 : Primary Transit
太陽系相当天文単位による生命居住可能性: 生命居住可能
Kopparapu 2013による生命居住可能性: 生命居住不可
恒星名 : K2-3
別名・通称 : EPIC 201367065
恒星までの距離(光年) : 137.0
恒星までの距離(パーセク) : 42.0
恒星半径(太陽半径) : 0.6 (Rsun 観測値)
恒星質量(太陽質量) : 0.6 (Msun 観測値) 0.6 (Msun 推定値)
星の年齢(単位・10億年(GY)): 1.0 (GY)
星の表面温度(ケルビン): 3951 (K)
スペクトル型 : M0.0V
金属量 : -0.3
絶対等級 : 9.1
視等級 : 12.2
赤経(RA) 172.3333
赤緯(DEC) -1.4547
ハッブル宇宙望遠鏡ガイドスターカタログID(GSC) ID
発見者
発見論文-著者 "Ian J. M. Crossfield, Erik Petigura, Joshua Schlieder, Andrew W. Howard, B.J. Fulton, Kimberly M. Aller, David R. Ciardi, Sebastien Lepine, Thomas Barclay, Imke de Pater, Katherine de Kleer, Elisa V. Quintana, Jessie L. Christiansen, Eddie Schlafly, Lisa Kaltenegger, Justin R. Crepp, Thomas Henning, Christian Obermeier, Niall Deacon, Lauren M. Weiss, Howard T. Isaacson, Brad M. S. Hansen, Michael C. Liu, Tom Greene, Steve B. Howell, Travis Barman, Christoph Mordasini"
発見論文-タイトル A nearby M star with three transiting super-Earths discovered by K2
発見論文-ジャーナル 0
発見論文 - URL 0
SIMBAD LINK
Open Exoplanet Database LINK http://www.openexoplanetcatalogue.com/planet/EPIC%20201367065%20d/
K2-3 d
K2-3 d

  • K2-3 d は、太陽系から 137.0 光年( パーセク)離れた恒星K2-3 を周回する系外惑星で 2015 年に公開されました.
  • 恒星 K2-3 は視等級 12.2, 絶対等級 9.1 です.
  • この恒星は太陽の 0.6 倍の質量で、 半径は太陽の0.6 倍であり 表面温度は 3951 で、スペクトル型は M0.0Vです。
  • この恒星の惑星系で K2-3 d は、恒星 K2-3 のまわりを 公転周期44.6 日で、 軌道長半径 0.21 天文単位 ( 31206115.8 km)で公転しています。
  • (系外惑星K2-3 d の 主星K2-3まわりの公転軌道)


  • 主星 K2-3 のハビタブル・ゾーンは以下の位置にあります。
  • 内側境界(金星相当放射を受ける軌道半径): : 0.187 天文単位 ( 27976752.6 km)
  • 地球境界(地球相当放射を受ける軌道半径): : 0.259 天文単位 ( 38671183.4 km)
  • 外側境界(火星相当放射を受ける軌道半径): : 0.394 天文単位 ( 58926325.5 km)
  • スノーライン(スノーライン(雪線)相当放射を受ける軌道半径) : 0.580 天文単位 ( 86712669.4 km)
  • 系外惑星 K2-3 dの 惑星境界での中心星からの放射: 2100.17 W/m2

    (太陽系相当天文単位(SEAU)によって計算された恒星K2-3のハビタブルゾーン)



  • Kopparapu 2013による、恒星 K2-3 の現在の金星位置条件に対応する半径: 0.210 天文単位
  • Kopparapu 2013による、恒星 K2-3 の地球サイズの惑星に対する暴走温室限界半径 :0.265 天文単位
  • Kopparapu 2013による、恒星 K2-3 のスーパーアースサイズの惑星に対する暴走温室限界半径 : 0.256 天文単位
  • Kopparapu 2013による、恒星 K2-3 の火星サイズの惑星に対する暴走温室限界半径 :  0.282 天文単位
  • Kopparapu 2013による、恒星 K2-3 の(火星相当惑星の)最大温室効果半径 : 0.505 天文単位
  • Kopparapu 2013による、恒星 K2-3 の太古の火星条件に相当する半径 : 0.533 天文単位

    (Kopparapu et al.(2013)によって計算された恒星K2-3のハビタブルゾーン)



  • Kopparapu (Original) による、 恒星 K2-3 の現在の金星位置条件に対応する半径 : 0.207 天文単位
  • Kopparapu (Original) による、 恒星 K2-3 の暴走温室限界半径 : 0.275 天文単位
  • Kopparapu (Original) による、 恒星 K2-3 の湿潤温室限界半径 : 0.274 天文単位
  • Kopparapu (Original) による、 恒星 K2-3 の(火星相当惑星の)最大温室効果半径 : 0.513 天文単位
  • Kopparapu (Original) による、 恒星 K2-3 の太古の火星条件に相当する半径 : 0.534 天文単位

    (Kopparapu(Original)によって計算された恒星K2-3のハビタブルゾーン)



    (恒星 K2-3 とその系外惑星 K2-3 d のExoKyotoステラマップでの位置)



    (恒星 K2-3 とその系外惑星 K2-3 d の拡大したExoKyotoステラマップでの位置)